ふるさと納税でお得な特産品をもらって税金を控除してもらおう

フリーランスになったら、毎年考えなくてはいけない重要なこと。それは税金。

フリーランスの場合、その年の1月~12月に得た所得を翌年の2月中旬~3月中旬の間に税務署へ確定申告し納税する必要があります!!

ただ、同じ納税をするにしても、知っておくと税金が安くなったり、お得になる方法はたくさんあります。

つまり、事前に準備をしておくと、いろいろな控除が受けられんです!!

今回は、その控除の一つである、ふるさと納税をご紹介します。

格安で美味しい牛肉とかお酒とか温泉チケットなど購入できますので、ぜひ知っておくとお得です^^

フリーランスでも会社員でも使えます!!

ふるさと納税とは

ふるさと納税の理念

上記は総務省ふるさと納税ポータルサイトに記載されている「ふるさと納税の理念」です。

引用元:総務省ふるさと納税ポータルサイト

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/080430_2_kojin.html

 

ふるさと納税の利点

・好きな地方自治体を寄付という形で応援できる

・そのお礼の品として、その地域の特産品やチケットなどがもらえる

・2000円を超える分は、所得税から還付、住民税から控除が受けられる(所得ごとに控除の上限はある)

・寄付金の使い道を独自に指定できる

・複数の地方自治体に寄付できる

以上、5つの利点があります。

好きな自治体を選び、豪華なお礼の品が実質2000円ほどでもらえ、税金還付や控除が受けられるって、

めちゃくちゃお得じゃないですか!?

 

また、その寄付金の使い道を独自に指定できるというのは、本当に嬉しい制度です。

寄付・納税をする当事者に、使い道の選択権があるということは非常に大きな意味を持っていると思います。

 

詳しくは下記のサイトがわかりやすいです。参考にさせていただきました。

引用元 : ふるさとチョイス https://www.furusato-tax.jp/about.html

ふるさと納税に申し込むには?

ふるさと納税には下記サイトなどから応援する地方自治体や欲しいギフトを選び、申し込む必要があります。

その後、各地域の税務署にて確定申告ないしワンストップ特例を申請する必要があります。

さとふる


ふるさとチョイス


楽天サイトから


確定申告とワンストップ特例制度

確定申告する方は、商品より後に届く「寄付金受領証明書」を、税務署に提出しましょう。

また、確定申告をしないサラリーマンの方は、ワンストップ特例制度を使えば、確定申告が不要になります。

ただし、寄付を行う自治体が5つまでの場合のみです。

寄付先の地方自治体にワンストップ特例制度の書類を送付する必要があります。

方法については各サイトの記事をご覧ください。

・さとふる 

・ふるさとチョイス

・楽天

 

ふるさと納税を使って賢く税金を納めよう

僕は昨年度さとふるを使って、佐賀県の地方自治体に寄付を行い、黒毛和牛を頼みました。

年末に注文し、1月末頃高級和牛が送られてきたんですが、柔らかくて本当に美味しかったことを覚えています^^

来年はもっと控除枠の金額分をフルに寄付しようと思います😋

ワンポイントとしては、

年末にあわてて注文すると食品の場合、食べきれないので、計画的に少しずつ注文していくのがベターです。

フリーランスでも会社員でも使える税金の控除方法なので、ぜひ使ってみてください^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA