独立して仕事を始めるためにとったアクション

Photo by Fred Mouniguet on Unsplash

こんにちは、フリーランスのユウヒです。

ブログ5日連続更新👍その傍ら、ここ数日WORKについて考えていました。

 

僕は、生活費や返済を含め、毎月支払うべきものも多いなか、やりたいことも多い......。年内にも台湾に移住し語学学校に通うので、新しい仕事を作り、収入アップを切実に考えなくてはなりません。

そのため、今状況を整理して、新しい仕事について考えています。

今回の記事では、自身の振り返りも含めて、昨年僕が独立して仕事を受けるためにとった行動今年学んだ周りの人たちが収入アップのためにとっている行動を中心にまとめていきたいなと思います。

フリーランスの大変なところ

Photo by Tim Gouw on Unsplash

やってしまいました笑

住民税や諸々の支払いに頭をひねる結果になりました。この点、もう少しきちんとお金の使い方を計画すべきでした。反省点です、、しかし、こういった悩みは誰にでも当てはまるのではないかなと思います。

フリーランスで最も大変なところは、来年度の税金や保険料も見据えて、自分で全てお金を管理することかもしれません。

もしお金持ちになりたいのであれば、フリーランスでクライアントワークをしているだけでは、非常に大変だと思います。毎回クライアントを見つけたり、いつ切られるかわからないということを考えるのは非常に不安要素があります。ある程度まとまったお金を稼いだら、資産性のある適切な場所にお金を流していくことも重要です。

僕は今週金曜日から、友達のご縁でコワーキングスペースを正式に契約することにしたので、新しい環境でさらに仕事を創り、ドリヴンしていきたいと思います。 そういえば、オフィスの家賃3ヶ月分支払わないと......

フリーランスになって仕事を作るには?

Photo by Thought Catalog on Unsplash

まず、ほとんどの仕事は人とのご縁で成り立っています。フリーランスだから一人でできるんじゃないの?と思いがちなんですが、フリーランスだからこそ、人とのつながりを大事にすべきで、個人の信用から仕事は生まれることが多いです。

現にApple社もGoogle社も今では誰もが知る大企業ですが、自宅のガレージから1人ないし2人の人間のアイデアから始まっています。スモールビジネスも大企業も最初は少数のアイデアからのようです。

 

では余談はさておき、昨年フリーランスになってすぐにとった行動をみていきます。

0、お金のかかっている部分を全て見直し、固定コストを下げる

  • 収入のないうちは、徹底的に節約した。家賃や携帯代金、食費の見直しなど

1、名刺を作り、どこを拠点に活動するかを決めた

  • 名刺の表面には、名前や肩書き、連絡先等を、裏面には自分の提供できることを全て書いた
  • 最初は心落ち着かせて集中するため、どこを拠点に活動するかを決めた

昨年の僕の場合は、福岡市。

2、地域のいろいろなイベントやコミュニティに足を運んで顔を出した

  • その名刺を持って、いろいろな場に顔を出しました。
  • 他愛もない話から入り、名刺交換から話を自分のやっていることに広げました。

福岡市にはスタートアップカフェという起業家やフリーランスの集まるコミュニティがありました。ここでのイベントに参加したり、相談させていただいたこともあります。またFacebookコミュニティやPeatix,meetupなどのイベントアプリも利用しました。

3、起業家やフリーランス、アーティストの友達に相談してみる

  • 同い年の起業家でうまくいっている友人に相談してみた
  • 近況報告も兼ねて友人と飲みに行った
  • 行きつけのバーや居酒屋を見つける

同世代の経営者やフリーランスで何か活動をされている友達がいれば、相談してみるのも良いと思います。色々な人を紹介していただいたり、新しいイベントや交友関係を広げる手助けをしてくれる場合も多いです。行きつけのバーや居酒屋に通うのもいいでしょう。夜のつながりから仕事のつながりに変わることもあると思います。

実際につながりから仕事をいただけるケースも多く、今も一部は長年の付き合いから仕事が生まれています。

周りの人たちが収入アップのためにとっているような行動

Photo by Olu Eletu on Unsplash

1、クラウドワークスやランサーズなどクラウドソーシングを活用する

  • クラウドワークスやランサーズなどのプロフィールページを充実させる
  • 仕事が入って自身にあう条件のものがあれば、提案してみる

クラウドソーシングサービスには、たくさんの仕事があります。その分、単価の安い案件が多いのがネックなんですが、仕事がないときや急な出費の時に利用するには、仕事が決まりやすいのでオススメみたいです。

フリーランス初期の頃に利用を検討してみてはいかがでしょうか。

2、TwitterなどのSNSやYoutube、ブログを活用する

  • 情報発信ツールを活用し、うまく自分をブランド化する

独立したらまずは、Twitterやブログをやりましょう。いえ、会社を辞める前から情報発信していきましょう。Twitter(ツイッター),Instagram(インスタグラム)、ブログ、Youtubeなどの動画を活用して自分を知ってもらいましょう。

よく言われますが、僕はこの部分を昨年度怠っていました。。ようやくブログ執筆の習慣が身に付きましたが、反省です......

しかし、自分の伝えたいことがあるのであれば、SNSやブログで情報発信することは重要なアクションの一つであると思います。

3、気になるオンラインサロンに入ってみる

  • 自分のやりたい分野のオンラインサロン に入り、情報収集する
  • 切磋琢磨できる仲間を見つける
  • オフラインの交流イベントに参加する

僕は4月よりブログを始めようと決意し、オンラインサロンに入会しました。プロブロガーとして有名なキャプテンジャックさんの伸びシロサロンに入り、いろいろと勉強させていただきました。

結果的に7月で退会してしまったんですが、入ってよかったと思います。この3ヶ月間でブログ更新の習慣が身につき、新しくライターとしての受注も受けることができました。何かの分野で結果出されてる方から直接学んだ方が効率がいいと思います。また、同じ思いの仲間から刺激も受けれます

ただ、僕の反省点としては、オンラインサロンではオンライン上での会話も活発なんですが、もっと会話に参加していたら......と反省点です。なんやかんや最優先に時間が取れず、後回しにしてしまいました。。次回参加する際は積極的に参加していこうと思います。

4、スポンサーや投資家を探す

  • 本当にやりたいことがあるなら、身近な人や知人、投資家にスポンサーになってもらえないかお願いする

もともと、スポンサーをつけたり投資家になってもらうには、大きなビジョンやコネクションが必要だと考えていました。ただ、ブログ界隈の人たちを見ていると、どうやらそうではないみたいで、熱意と論理性が重要なんだと感じました。

もしやりたいことがあるのであれば、是非スポンサーや投資家を探してみてください^^または、知名度や構想に自信があるのであれば、クラウドファンディングやタイムバンクなどのサービスを利用するのも手かと思います。

5、稼いだお金を資産性のあるものに変える

  • お金を貯めながら、積極的にお金を使ってお金を増やす行動をとる

最後の項目はお金を稼いだのちにとる行動です。

稼いでいる人との大きな違いは何だろうか?彼らから聞いて見えてきたのは、どうやらお金の使い方にあるようです。

最初のうちは徹底的に自分の生活コストを下げて、稼いでは自分の事業への投資に使う。不動産の賃貸収入や金融資産の配当でうまくいく。または自分自身のスキルアップに投資する。etc......

お金を使った値段よりも多くの利回りのとれる自らの資産に変えていかないといけないということですね。頭ではわかっていても、きちんと勉強していないと、カモられる分野です。僕の今後の学習分野です。

フリーランスは人のつながりから仕事が生まれやすい

Photo by rawpixel on Unsplash

こうやって振り返ってみると、色々やってみることがあります。

思わぬところで、知人から手伝って欲しいと言われたりする可能性があります。フリーランスの強みは誰かに強制的にこれをやれとは言われないので、自分の得意なことor好きなことに注力することができます。

僕も振り返りながら、新しいアクションを取っていきたいと思います。今回は、今まで学んできたことや振り返りをまとめたかったので、記事にしてみました。

最近は引きこもりがちでしたが、なるべく外に出て人とコミュニケーションをとってみたいと思います。