眠気覚しの昼寝:Coffee Nap (コーヒーナップ) のススメ

お昼を食べた後って、すんごく眠たいですよね。。

食べるときは幸せなんですが、お腹を満たすと、なんだか眠たくなってしまいます。

 

今朝healthlineというサイトにて、「コーヒーと昼寝」に関する記事を見ました。

なんと●●杯のーヒーを飲み、昼寝をするだけで、お昼後のパフォーマンスが劇的に上がるそうなんです!

 

僕はコーヒーが大好きで、1日に3杯は飲みます。

毎朝、脳が完全に目覚めるにはコーヒーなしでは落ち着かないほどの、コーヒー中毒です。

 

そんな大好きなコーヒーに関する記事を見つけましたので、備忘録がてら内容を共有しますね。

MEMO
コーヒーを飲んだ後に、20分ほどの昼寝をすると、集中力が上がる話。

なぜ、コーヒー後の昼寝は効果があるのか

コーヒーに含まれるカフェインは、眠気を醒ましてくれます。

 

睡眠を助長する化学物質にアデノシンがあります。人間が疲れを感じると、体内でアデノシンを大量に分泌し、循環させます。いざ眠りにつくと、アデノシンの量は減少していきます。

一方で、カフェインにはアデノシンと拮抗する作用を持っています。アデノシンが脳内のレセプター(受容体)に受け取られるのを防ぐ役割を果たしてくれます。それゆえに眠気を感じなくさせてくれるんです。

しかし、身体がカフェインの効果を感じるまで時間がかかります。

  • カフェインの効果を感じるまでに15~20分昼寝→アデノシンの量が減少
  • 昼寝から目覚める→カフェインの効果が効き始める
  • 脳内のレセプターにカフェインが利用できる可能性が増えている

ゆえに、コーヒーを飲み15~20分程度の昼寝をしたら、目覚めた時のエネルギーレベルを高めてくれるということなんです。逆に30分以上は、深い睡眠に陥るためNGだそうです。(PUBMED)

参考:healthline「coffee nap」 PUBMED 

 

カフェイン摂取量はどれくらいがいいのか

カフェイン200mgを摂取すると、覚醒後のエネルギーレベルが最も高いとの結果が出ています。約2杯分に相当するとのこと。

また記事によると(PUBMED記載)、1日300~400mgまでが健康上安全と言える基準だそうで、それ以上の飲み過ぎはよくないみたいですね。

また、夜間の睡眠障害を避けるため、就寝の6時間前までに飲むのがいい

 

 コーヒーだけor 昼寝だけではダメなの?

単体よりも組み合わせたほうがエネルギーレベルを高めてくれるとの研究結果は出ているものの、データ数が少ないため、決定づけるほどではないそうです。

 

カフェインは眠気を抑制する作用以外にも、認知や記憶を司る脳機能にも影響を与えたり、脂肪を燃やしてくれたり、さまざまなプラスの効果があります。

正しく自分自身の身体の仕組みとカフェインの作用を知り、うまく利用すると大きなメリットを得られそうです。日々、最高のパフォーマンスが出るよう、必要な知識や知恵を学び、生活に活かしていきたいと思います^^

 

コーヒーの余談ですが、旅行先ではこの「ビアレッティ 直火式 モカエキスプレス」を愛用しています。下部にお水、中部にコーヒー粉末を入れて、火力ないし電力で沸騰させるタイプなのですが、手軽にとても美味しくいただけるので、旅行先ではオススメのガジェットです。