ANA搭乗ならマイレージクラブアプリ「デジタルカード」が便利でオススメ

ANAマイレージクラブアプリ「デジタルカード」をご存知でしょうか。

先日、大阪伊丹空港から東京羽田国際空港へ向かう国内線利用のため、ANAを利用しました。今までは紙の搭乗券を利用していたんです。

でも、スムーズに搭乗したいため、ANAマイレージクラブアプリ「デジタルカード」をインストールし、早速使ってみました。

結論を言うと、すごく便利だったんです!このアプリを開き、専用の提示用QRコードを読み取り機器に近づけるだけで、搭乗券なしに飛行機に乗ることができます。

みなさん、紙の搭乗券を持って飛行機に乗る方が多かったので、知らない方のためにも今後のフライト時に参考になればと思い、記事にすることにしました。

この記事で学べること

・ANAマイレージクラブアプリについての基礎知識

・デジタルカードを利用し、スムーズに搭乗できるようになる

ANAマイレージクラブアプリとは

ANAマイレージクラブアプリとは、ANA会員専用マイレージカードのアプリ版です。

カードとアプリの大きな違いは、アプリ内で、お買い物からマイル残高や有効期限の確認まで幅広くできるところです。

 

さらに、スムーズに搭乗できるデジタルカード(QRコード)も利用できます。

スマホ一つさっと出してパッとゲートを通る姿は、なんだかスマートに見えますね!

 

  • アプリ一つで、マイル残高確認、ショッピングも!
  • 手軽に、スムーズに、スマートに搭乗できる
  • 国内線スキップサービスや国際線自動チェックインが可能

 

アプリのインストール〜デジタルカードの使い方

ANAホームページにて、マイレージクラブカード入会完了時に知らされる「お客様番号」を控えておく必要があります。

ANAマイレージクラブアプリをインストールする

iphone, Androidスマホ双方に対応しています。ANAマイレージクラブで検索し、アプリをインストールします。

「お客様番号」「Webパスワード」を入力し、初期設定を終えて、ログインします。

アプリを開く

アプリを開くと左横の画面になります。

(ここでは隠してありますが)画面左上に専用QRコードが設置してあるので、クリックすると右横の"提示用デジタルカード"の画面になります。

搭乗時には、上記右横の画面を出して、機械に近づけるだけでOK

専用のQRコードが作成されてますので、これが搭乗券代わりとなります。WebサイトやANAアプリと連動しているので、どのメディアで購入されても、提示用デジタルコードは使えます。特に事後設定は必要ありません。もちろん同じ会員番号で購入する必要がありますが。

ANA搭乗後は、自動的にマイル積算されている

フライト当日は、荷物を預ける際のチェックインカウンターでも、保安検査場でも、搭乗口でも、デジタルカードの利用でスムーズに乗ることができました。

そして、搭乗翌日には自動的にマイル積算されていたことがアプリで確認できました。

紙の搭乗券よりも、マイレージクラブアプリは手軽で便利なので、一度使用してみられてはいかがでしょうか。

詳しくは下記のリンクからどうぞ👇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA